カロリミットには副作用がない!?体調に変化が現れる理由は?

カロリミットの副作用

 

カロリミットを飲んで食べるもののカロリーをカットしたいけれど、副作用が気になるという人もいるでしょう。

 

副作用というのは本来薬物治療において治療の目的となる作用に対し、治療上不必要であったり障害となる作用のことです。簡単に言えば、期待したのとは違う症状が出てしまうことですね。

 

カロリミットはサプリメントであり薬ではありませんので副作用は少ない

そのため、副作用という概念はあてはまりませんが、だからといってすべての人の体質に合うとは言い切れないのもまた事実です。

 

どんな食品であっても体質に合う合わない、アレルギーなどの可能性はありますから、当然カロリミットも体質に合わない人はいるはずです。

 

例えば、カロリミットの原材料に含まれているキトサンはカニ由来のものが使われています。ということは、カニにアレルギーがある体質の人はカロリミットを飲むことは避けた方がよいでしょう。

 

また、例え原材料の中にアレルギーとなる成分が含まれていなくても、カロリミットを摂取するようになってから明らかに体調が悪くなったら、やはり摂取は取り止めるべきです。

 

カニにアレルギーがなかったとしても、原材料として使用されているキトサンやインゲン豆を摂取することで下痢や便秘などの症状がでてしまう人もいます。

 

その時々の体調によってもお腹の調子を崩すことがありますから、カロリーカットしたいがために無理をして飲むようなことは絶対にやめておきましょう。

 

カロリミットで胃腸障害?

食品なので一番多いケースが胃腸障害になります。カロリミットを飲んだことで胃がムカムカとしたり、気持ちが悪くなったり腹痛を起こすといった症状が現れる場合が多くなっています。含まれている成分に自分にとってのアレルギー物質が配合されている場合などにもこうした胃腸障害などが現れます。

 

しかし、アレルギー物質が含まれていなくても、飲み始めの頃にこうした症状が起きるケースも少なくありません。これは、アレルギー反応ではなく普段摂りなれていない成分を身体に入れた事による反応だと考えられます。この場合は数日経つと症状が治まる可能性が高いですね。

 

もし、初期の段階で胃腸障害が見られた場合には摂取量を減らして様子を見てそれでも改善がない様ならば、服用を中止する事をおすすめします。逆に症状が治まるならば、様子を見ながら飲み続けてみても構いません。

 

頭痛や目眩が起きる?

またカロリミットを服用しながら、厳しい食事制限を行うと頭痛や目眩が起きる可能性があります。これをカロリミットによる副作用だと考える人もいますが、その大半はカロリミットの副作用ではなくダイエットの食事制限による弊害ではないかと考えられます。無理な食事制限により栄養が偏ることで目眩や頭痛が起きる事は珍しくありません。暴飲暴食はNGですが、栄養バランスの取れた食事を心掛ける必要がありますね。 

 

カロリミットで肌トラブルが起きる可能性

カロリミットを服用しだしてから、肌に痒みや赤みが生じたり発疹の症状が出たという口コミもあるようです。これは、もしかするとアレルギー反応が起きている可能性が考えられます。カロリミットの全成分を確認して、アレルギー成分の有無をチェックしておきましょう。また、今までは大丈夫だった物質でも、当然アレルギーを発症する事もあります。ですから成分表のチェックをするだけで安心してはいけません。

 

特にカロリミットを摂取して数時間以内にいきなり湿疹などの肌トラブルが生じた場合は、かなりアレルギー反応である可能性が高いと言えるでしょう。正確に判断するには、皮膚科などでアレルギー検査をしてもらうと良いですね。

 

カロリミット副作用まとめ/根拠のない噂もある

他にもカロリミットを飲む事で、抜け毛が多くなったり、むくみが起きるといった噂もあるようです。しかし成分をみる限りでは、カロリミットにそうした症状を引き起こす様な物は含まれていません。ただの思い過ごしであったり、まったく違う原因があるのかもしれません。そのため何でもカロリミットのせいにするのはいけませんね。

 

もし気になる様なら、一度スッパリとカロリミットの服用を止めて何が体調不良の原因なのか突き止めてみましょう。別の原因が隠されているかもしれません。また症状が治まらないようなら、ちゃんと病院で検査をして貰うことも大切です。

 

カロリミットは、余分な添加物は極力排除して作られているので、基本的には安心して飲む事が出来る成分です。上記で紹介した症状は、起きる方が稀だという事を覚えておいて下さい。

 

カロリミットは本来、食べるもののカロリーをおさえることを目的としたサプリメント

まず、ひとつはっきりとさせておきたいのが、カロリミットは薬ではないという事です。これさえ飲んでおけば、身体を全く動かさなくても、どんなに高カロリーな食事を好き放題に食べても痩せるという製品ではありません。カロリミットは食事の中に含まれる糖と脂肪の吸収を抑えるという2つの機能を併せ持つ機能性表示食品です。これは消費者庁が初めて届出受理をした食品になるんですよ。

 

だから、薬ではないからといって効果がないという訳ではありません。適切な食事と適度な運動を心掛けつつ、カロリミットを上手く使う事でスムーズなダイエットや体重コントロールが可能となります。食事のカロリーが気になる時、外食が続いた時などには特におすすめです。

 

反対にカロリミットは、運動前に飲むことで脂肪の燃焼を促進するといった様な燃焼系サプリメントではありません。
また便通を良くする事でお腹まわりを細くするといった製品でもありませんし、食用を抑える作用がある訳でもありません。
食事の糖&脂肪の吸収抑制作用があるサプリなので、きちんと食事の前に飲んでくださいね。後から服用しても効果は期待出来ません。

 

カロリミットに限りませんが、こうしたサプリは効果の現れ方に個人差があるものです。またカロリミットは薬ではなく食品なので、通常は副作用などの心配はありません。ですが、中には体調に変化が現れたという人も少なくないようです。実際、公式サイトでも体調や体質によっては稀に身体に合わないところもあると説明されています。

簡単ダイエットの始まりはこちら

大人のカロリミット

価格 容量 おすすめ度
\1000 56粒(14回分)

2袋4週分に!

おすすめ度
成分 返金保証 送料
カロリーカット 無期限返品保証 初回無料

公式サイトへ

カロリミットに副作用はないけれど…記事一覧

カロリミットを飲んだ人の中には、便秘になってしまう人がいるようです。カロリミットの成分といえば「鳩龍緑茶エキス」「桑の葉エキス」「ギムネマシルベスタ」「インゲン豆」「キトサン」ですが、この中には実は便秘を引き起こすようなものはありません。むしろ、これらの成分の性質から考えると、どちらかといえば下痢に傾く可能性の方が高いのです。それなのに、なぜカロリミットを飲むことで便秘になるのでしょうか?カロリミ...